太田裕美 : Hiromi Ohta

太田裕美 : Hiromi Ohta
Biography

太田 裕美(おおた ひろみ、1955年1月20日 – )は、日本のシンガーソングライター。

1969年、渡辺プロの東京音楽学院に入ることとなった。同期生には、伊藤蘭・田中好子(後のキャンディーズ)らがいた。

1974年11月1日に「雨だれ/白い季節」でデビュー。キャッチフレーズは「まごころ弾き語り」。デビュー初期はフォーク調で、ピアノ弾き語りの曲が多かった。1975年、日本レコード大賞、日本歌謡大賞等で新人賞を受賞。
1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒット、翌1976年のオリコンチャート4位を記録。なお、NHK紅白歌合戦には初登場の1976年から1980年まで、5年連続で出場。

2004年から太田、伊勢正三(元かぐや姫)、大野真澄(元ガロ)の3人でユニット「なごみーず」を組み、『アコースティック・ナイト』コンサートを開催している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。