谷山浩子 : Hiroko Taniyama

谷山浩子 :  Hiroko Taniyama
Biography

谷山 浩子(たにやま ひろこ、本名:中西 浩子(なかにし ひろこ)、1956年8月29日 – )は、シンガーソングライターである。
東京都杉並区高円寺で生まれ、神奈川県横浜市で育った。お茶の水女子大学附属高等学校を卒業し、ヤマハミュージックアーティストに所属した。現在、ヤマハミュージックコミュニケーションズ。

中学校時代にキングレコードに曲の持ち込みを始め、ベイビーブラザーズ(後のフィンガー5)のシングル『白い天使』(1970年11月20日発売)のB面に『僕たちの秘密』が採用される。当時、14歳だった。
本来は作曲家志望であり、自分で歌うことは想定していなかったが、キングレコードのディレクターから「自分で歌うのならLPを出してやる」と言われ、ピアノを弾きながら歌うスタイルでレコーディングが行われた。そして、1972年4月25日、アルバム『静かでいいな 〜谷山浩子15の世界〜』とシングル『銀河系はやっぱりまわってる』をリリースし、最初のデビューを果たす。その年、NHKの『ステージ101』のレギュラーとなる。
1974年、第7回ポピュラーソングコンテストで『お早ようございますの帽子屋さん』が入選し、翌1975年2月10日にキャニオン・レコードからシングルリリースし、2度目のデビューをした。そして、1977年、シングル『河のほとりに』で正式にデビュー。本人は「デビューが3回ある」と語る。
独特の幻想的作風を特徴としていて、現実離れした内容の歌詞が多い。また、自らも幻想的小説を多数執筆していて、それと同名の歌を作るなど、ひとつの世界観に裏打ちされた作品作りが特徴である。
NHKの『みんなのうた』で放送された曲も多く『恋するニワトリ』『まっくら森の歌』『しっぽのきもち』などがよく知られている。これらの作品を幼少時から視聴していた人々からの根強い人気もあり、『みんなのうた』の特番が組まれると決まって取り上げられる。

アニメーション関連の作品では、宮崎駿監督のテレビアニメ『未来少年コナン』の劇場版が製作された際にテーマ曲を提供している(歌唱は研ナオコ)。またスタジオジブリ制作の『ゲド戦記』挿入歌、『コクリコ坂から』挿入歌など、宮崎吾朗監督作品にも関わっている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。