ビリーバンバン : Billy Banban

ビリーバンバン : Billy Banban
Biography

ビリー・バンバン(Billy BanBan)は、日本の音楽グループ。菅原孝、進の兄弟2人によるフォークデュオ。

アマチュアバンドに物凄い腕前の持ち主がいるとの噂が音楽業界関係者の間に広まり、浜口庫之助の指導を受け、紆余曲折を経てビリーバンバンは孝と進による兄弟デュオとして、1969年「白いブランコ」でキングレコード(SEVEN SEAS)よりメジャーデビュー、20万枚を超える売上となり、一躍フォークシンガーの代表的存在として人気を得る。

その後人気は低迷するものの1972年、テレビドラマ『3丁目4番地』(日本テレビ)の主題歌である「さよならをするために」が約80万枚の大ヒット。その年の『第23回NHK紅白歌合戦』にも出場。当時のフォークシンガーは、自分の手で作詞、作曲をし、それを歌う物という風潮が強く、石坂浩二作詞、坂田晃一作曲の曲に対して進は躊躇しレコーディングを当日にすっぽかしたという逸話が残っている(後に進は本当はいい曲だったと語っている)。

この頃から、お互いの考え方に違いが生じ始め、1976年に解散。孝は司会者として、進は歌手として、作曲家として己の道を行くこととなる。

進がソロで「琥珀色の日々」をヒットさせるなど、2人はそれぞれの道を歩んでいたが、ビリーバンバンの復活を求めるファンの声は根強く、1984年に再結成、以降は、個人での活動と平行しビリーバンバンとして活動を行う。

現在では、十年以上にわたり手がけている麦焼酎・いいちこのCMソングでも有名(進のソロ曲が使われたこともある)。『また君に恋してる』、『ずっとあなたが好きでした』、『これが恋というなら』、「さよならをするために」もCMで使われている。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。