杏里 : Anri

杏里 : Anri
Biography

杏里(あんり、1961年8月31日 – )は、日本の女性歌手、シンガーソングライター、作曲家。作詞作曲時および日本コロムビア所属時のアーティスト名、ANRI(アンリ)。神奈川県出身。アメリカ・ロサンゼルス在住。所属レーベルはアイビーレコード。身長168cm。血液型A型。
代表曲「オリヴィアを聴きながら」、「CAT’S EYE」、「悲しみが止まらない」。

 ・ レコチョク Best : 杏里 : Anri

杏里 : Anriの活躍

1978年、高校2年生の時に後にスタンダードナンバーにもなった「オリビアを聴きながら」でデビュー。
1982年に当時のバックバンドスプリット・ココナッツのメンバーでもあった小林武史が作曲して花王のCMで使われたシングル盤「思いきりアメリカン」と同シングル曲を収録したベストアルバム『思いきりアメリカン 〜I Love Poping World,Anri〜』がヒットした。
サーファー専門誌などにも登場して杏里=夏、海というイメージを定着させ、角松敏生や小林武史の他に、ブレッド&バターが作品提供して、杏里が作詞作曲したタイトル曲を含む4枚目のオリジナルアルバム『Heaven Beach』を発表して話題になり当時の若者の心をつかんだ。
1983年には当時まだ無名で同事務所所属であった角松に5枚目のアルバム『Bi・Ki・Ni』のA面5曲プロデュースを任せて、洗練された音楽のイメージ、アーティスト杏里を誕生させたのである。6月に発表した『Bi・Ki・Ni』は自己最高のオリコンアルバムチャート27位を記録した。
8月には日本テレビから依頼を受けアニメ『キャッツ♥アイ』の主題歌「CAT’S EYE」を歌ってシングル発売した。思わぬ大ヒットで自身初のオリコン1位に輝き、杏里の代表曲の一つとなる。その直後に発売したシングル「悲しみがとまらない」(角松敏生によるプロデュース)も連続大ヒットさせて2曲そろってベスト10入りを果たした。12月にはこれら2大ヒットシングルを収録した角松フルプロデュースのアルバム『Timely!!』を発表してこちらもオリコン1位の大ヒットとなり、年末の第34回NHK紅白歌合戦にも初出場して杏里は不動の位置を得ることになる。

1984年には日清食品のカップ焼きそば日清焼そばU.F.O.のCMソングに使われて、自身もCM出演したシングル「気ままにREFLECTION」もヒットし、同曲のアルバムバージョンを収録したロサンゼルスレコーディングのアルバム『COOOL』を発表後にマーマレードから独立して、杏里の家族とともに個人事務所であるコロニーサーフを立ち上げる。
独立後に、当時としては珍しかった外国人ダンサーやコーラスを自身のツアーメンバーに迎えて今まで以上にダンサブルで魅せるステージ活動を行いつつ、角松や小林などが参加した集大成アルバムでシンセサイザーを多用して制作された『WAVE』、1986年にはアジアンテイストな楽曲を多数収録した『MYSTIQUE』、井上鑑をサウンドプロデューサーに迎えロンドンレコーディングした意欲作『TROUBLE IN PARADISE』を発表した(ちなみに、元イエスのドラマー、ビル・ブルーフォードや、後にTOTOのドラマーとなるサイモン・フィリップスも参加している。)

1987年発売のアルバム『SUMMER FAREWELLS』以降、杏里本人によるセルフプロデュースが始まり、このアルバムから現在まで長年に渡り作詞に吉元由美、編曲に小倉泰治を迎えて共同で楽曲制作したり、その後本格的に杏里自身で全楽曲の作曲に取り掛かり、ソングライターとしてアイドルなどに楽曲提供するなどアーティストとしてさらにその名を上げ始めていった。主だって夏によく合うダンサブルな曲やバラード曲が多いのが特徴である。1988年にはアルバム『BOOGIE WOOGIE MAINLAND』、ベストアルバム『MY FAVORITE SONGS』、シングル「SUMMER CANDLES」、「スノーフレークの街角」が連続大ヒットした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。