寺尾聰 : Akira Terao

寺尾聰 : Akira Terao
Biography

寺尾 聰(てらお あきら、1947年5月18日 – )は、日本のベーシスト・シンガーソングライター・俳優。神奈川県横浜市保土ケ谷区出身、東京都目黒区育ち。目黒区立第十中学校、和光学園、法政大学第二高等学校、文化学院卒業。所属事務所はホリプロダクション→石原プロモーション→寺尾音楽事務所(自らの個人事務所)。父は俳優の宇野重吉

Akira Terao / 寺尾聰のアルバム

・この手のひらに愛を – ザ・サベージ名義
・ゴー! スパイダース フライ! サベージ – ザ・サベージ名義
  A面6曲にザ・スパイダース、B面6曲にザ・サベージ。日本航空の記念企画盤。
・二人の風船 恋人と一緒に聴いて下さい (1970)
  寺尾聰名義での初のオリジナルアルバム。
Reflections (1981)
  東芝EMI 1stオリジナルアルバム。
Atmosphere (1983)
  東芝EMI 2ndオリジナルアルバム。
・SPECIAL LIVE IN TOKYO
  ライブアルバム。
  会場は代々木オリンピックプール。散歩中に「ここいいな」と思って決定したという。
Standard (1985)
  東芝EMI 3rdオリジナルアルバム。
  LPとCDの同時発売で、「恋のトランス・コスモス」はCD版のみに収録されている。
Re-Cool Reflections (2005)
  東芝EMI 1stオリジナルアルバムの『Reflections』を再レコーディングしたもの。
  このアルバムはエイベックスから発売される。なお、このCDはSACD/CD-DAハイブリッド仕様である。

Akira Terao / 寺尾聰のアルバム

1947年5月18日に寺尾家の末っ子として産まれる。少年期に洋楽に憧れ、エレキギターを入手して独学で練習。その当時影響を受けたミュージシャンの一人にリッキー・ネルソンを挙げている。1965年に奥島吉雄らとカレッジ・フォーク・グループ「ザ・サベージ」を結成し、ベースギターを担当した。新興の芸能事務所・ホリプロダクションに所属し、1966年に「いつまでもいつまでも」でレコードデビュー、この曲と2枚目の「この手のひらに愛を」が大ヒットするが、すぐにグループを脱退した。1968年、三保敬太郎を中心としてザ・ホワイト・キックスというグループ・サウンズに参加、シングルを1枚出して解散した。同年には、石原裕次郎製作・主演の映画『黒部の太陽』で俳優デビューした。

これを機に裕次郎の門下となり、石原軍団の若手有望株として、主にテレビドラマに出演、青春ものドラマなどで二枚目半的な役柄を演じることが多かった。また、『大都会』では新聞記者、『大都会 PARTIII』(日本テレビ)、『西部警察』(テレビ朝日)など、石原プロモーション制作のアクションドラマでは刑事役で活躍した。このころはサングラスをかけ、ニヒルな表情がトレードマークだった。この間、穿孔性胃潰瘍になり、胃の大部分を切除する手術を受けている。腹部の激痛で動けなくなり、自ら救急車を要請した後にシャワーを浴びて救急隊の到着を待ったと、桃井かおりとの雑誌対談で語っている。その後、東南アジアで静養した。本人は、生活費が安く、海辺で仰向けになって日に焼いていると、傷口が良くなっていく気がした、と述懐している。復帰時、それ以前のふっくらとした容貌が一変、スリムで翳のある雰囲気をまとった。石原軍団入りするきっかけは当初、宇野の主宰する劇団民藝に一研修生として入団を希望したが、宇野本人から「たとえ研修生扱いでもマスコミは『親の七光り』として見るだろう」という理由で、宇野と懇意だった石原を紹介されたという。

1981年には、ヨコハマタイヤのCM曲だった「SHADOW CITY」に続き「ルビーの指環」が大ヒットし、「ルビーの指環」は第23回日本レコード大賞・FNS歌謡祭’81グランプリを受賞した。さらに、TBS『ザ・ベストテン』では、「ルビーの指環」「シャドー・シティ」「出航 SASURAI」が3曲同時にベストテンにランクインされ、「ルビーの指環」12週連続1位の栄誉を讃えた真紅の記念シートも設置された。大ヒットした「ルビーの指環」は、石原プロの関係者に聴かせたところ、「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と専務の小林正彦が難色を示したが、社長の石原裕次郎の「いいじゃないの」の一言でレコード化が決定したという逸話がある。これを含め、全曲を自らが作曲したアルバム『Reflections』は、当時のアルバムセールスを更新する(164万枚。井上陽水の『氷の世界』の売り上げ記録を8年ぶりに更新し、以後1990年に、松任谷由実『天国のドア』に破られるまでトップであった)空前の大ヒットとなり、本格的に音楽活動を再開した。

興行としてのコンサートという石原プロとの考え方の相違もあり、石原プロ首脳(小林専務)と寺尾との関係が悪化した。また同時期に、かねてから役者としての活動フィールドを、石原プロが得意とするアクション物(刑事物)から人間の内面を演じる文芸作品に移したいと考えていたこともあり、これを機に石原プロから離脱することになった。

その後、1980年代後半から黒澤明が監督した『乱』『夢』『まあだだよ』に続けて出演。2001年、黒澤の遺稿を映画化した『雨あがる』に主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。日本レコード大賞並びに日本アカデミー賞最優秀主演男優賞の両方を獲得しているのは2017年現在、寺尾のみである。2005年にも『半落ち』での演技で同賞の2度目の受賞を果たした。

2005年7月7日、CLUB CITTA(神奈川県川崎市)でのライブを期に、18年振りに歌手活動を再開。現在でも、ステージでジャズベースをプレイしている。「ザ・サベージ」時代と変わらぬ腕前を披露している。アルバム『Re-Cool Reflections』も発売され、メロウな歌声を聴かせている。2007年1月に、NHK総合テレビで放送された『SONGS』に出演、アルバム『Reflections』収録曲や「ルビーの指環」を新アレンジで披露した。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。